ブログ

男性奏者であるというコンプレックスをクリエイティビティに変えて

投稿日:

私のクリスタルボウル演奏を聴いてくれた方から「エゴがない演奏ですね」という感想をもらうことがあります。押しつけずに、寄り添うような音と表現されることもあります。

恐らく、私が男性奏者であるというコンプレックスを抱えているからだと思います。

男性奏者であるということは一見するとマイナスポイントでしかありません。

お客さんのカラダに触れることも、同じ部屋でワイワイと着替えることもできません。PMSも出産も知らないし、「あんなふうになりたい」という憧れの対象にもなりません。

つまり、そもそもが(女性のお客さん相手だと)分かり合えるはずがないんです。

男性の私が「あー、分かりますよー。生理前とかツライですよねー」なんて言ってたらイヤだと思います(笑)。

分かり合えないから「こうしたらいい」というアドバイスもできません。

でも、実は「分かり合える」というのはエゴにつながる恐れがあります。「分かった風なこと」を言われるほど面倒くさいことはありません。

「分からん」ってすごく大切な要素なように思えます。

分からないからこそ考えるし、想像するし、耳を傾けます。

クリスタルボウルイベントも知らない人からすると「ワケの分からないイベント」です。寝転がるし、騒がないし、寝たりするし。

でも、この「分からん」ことをクリエイティブにつなげられるように、毎日いろいろと頭を悩ませています。どうなることか、まだ分かりませんけど。

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

クリスタルボウルの音を「風」として瞑想を行うのはとても心地よくてオススメです。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ケイ素と私達・人間の不思議なすれ違いについて、有機化学とロマンのお話です

5

和音の話は本当に長くてややこしい話なので・・・じっくりブログでご紹介します

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス® -Crystal Singing Bowl Sound Bath®- , 2019 All Rights Reserved.