クリスタルボウルを販売しています【通販】

日本国内で企画された Crystal Sound Laboratoryのピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)」を、インターネット通販サイト「クリスタル サウンド・バスSHOP」で販売しています。

純粋な水晶だけを原材料にした小型・軽量の透明なボウルは、優しく鳴らすだけでとても長い残響音を出すことができる、純度の高いヒーリング向けのクリスタルボウルです。

ピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)の特徴

ピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)は、クリスタルボウルの世界では「第二世代」と呼ばれる、新しい世代のボウルです。

もっとも古い第一世代のボウルは「クラシックフロステッドボウル」と呼ばれ、とても大きく重たいものでした。

クラシックフロステッドボウルはずしーんと響く重厚な音色を持っている一方で、とても大きく重たいため、持ち運びや収納が困難でした。また、世界中のメーカーが製造しており、品質にはかなり大きなバラツキがあります。

メルカリやヤフオクでも多数出品されていますが、試聴しないままに購入するのはリスクを伴います。

ピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)は、よりヒーリングに向けた演奏ができるように改良された小型・軽量のクリスタルボウルです。

  1. 片手で持てるほど軽いので、複数個を持ち運ぶことも可能
  2. 純粋な水晶のみを原材料としているため、音の響きが長く、素直
  3. 純粋な水晶のみを原材料としているため、価格が手ごろ

という特徴があります。

カラフルなアルケミーボウルとの違い

乳白色をしたクラシックフロステッドボウルとは別に、カラフルな「アルケミーボウル」という種類のクリスタルボウルもあります。

アルケミーボウルはピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)をベースに、さまざまな鉱物や金属を加えたボウルです。大きさや重さはピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)とほぼ同じです(アルケミーボウルの方が縦長で重たいものが多いです)。

音の響きはどちらも似ているため、一緒に演奏をしても違和感がありません(クラシックフロステッドボウルは響き方やサイズ感が異なるので、一緒に演奏しづらいです)。

たとえば、こちらのYouTube動画はアルケミーボウルとピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)を一緒に演奏しています↓

どの音階がクリアーボウルで、どの音階がアルケミーボウルか聞き分けできますでしょうか・・・?

こちらはクリアーボウルのみの演奏です↓

アルケミーボウルとの違いをまとめると、以下のようになります。

  • ピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル):素材は水晶だけ。見た目は透明。小型で軽く、音の響きが長い。値段はボウルのサイズによる。
  • アルケミーボウル:素材は水晶とさまざまな鉱物や金属。見た目もさまざま。小型で軽く、音の響きが長い。値段はボウルのサイズと、加えられた鉱物や金属の種類による。

アルケミーボウルはとても魅力的な製品ですが、水晶以外にも鉱物や金属が使われているために、どうしても値段が高いです(ボウルを24Kでコーティングしたものまであります)。

クリスタル サウンド・バスSHOP」では、コストパフォーマンスに優れたピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)を販売しています。

ココがポイント

クリスタルボウルにはいくつかの種類があります。クリスタル サウンド・バスSHOPで扱っているのは小型・軽量で水晶のみから作られた透明のボウルです

製造国について

クリスタル サウンド・バスSHOP」のピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)は、日本で企画された内容を中国の専門工場に発注・製造し、最終加工を再び日本国内で行うことにより、高品質なボウルをなるべく低価格で提供できることを実現した「Crystal Sound Laboratory」のオリジナル製品です。

※企画と監修・調整を本国で行い、製造を外国で行うというのはiPhoneや無印良品など、世界中の企業が一般的に行っている方式です

「ピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)の製造国はどこ?」と聞かれると「中国」となってしまいますが、重要なのは「国」ではなく、企画と監修・調整のクオリティではないでしょうか。

製造国というのは非常に曖昧です。たとえば、中国の人が沖縄に工場を作って中国人労働者が企画・製造・監修していても、それは「メイドイン ジャパン」になります。どれだけ雑に作っていても「メイドイン ジャパン」です。

クリスタル サウンド・バスSHOP」のピュア・クリスタルボウル(クリアーボウル)は、すべてのボウルを私(Magali Luhan)が試奏して、響きのよいものだけを厳選しています。

きちんと確認していただけるように、試聴のリンクやYouTubeで演奏を公開していますのでご利用ください。

ココがポイント

クリスタルボウルは楽器なので、必ず試奏の音を聞いてお気に入りの響きを探してみましょう。音を聞かずに値段だけで選ぶのはリスクを伴います

クリスタルボウルの大きさ

クリスタルボウルは「おひつ」のような円筒形の形をしており、その直径を「インチ」で表して、5インチから10インチ程度までさまざまなサイズで製造されています(1インチは2.54cm)。

同じインチのボウルでも「縦の高さ」はさまざまに異なっています。たとえば、8インチのボウルの直径はすべて8インチですが、高さは製品ごとにバラバラで指定することはできません。

サイズが大きくなるほどオクターブが低くなり、重厚な音を出すことができます。たとえば、10インチのボウルと6インチのボウルを比較すると、10インチのボウルの方がオクターブは低く、音量が大きく重厚に響き、6インチはオクターブが高く、シンプルな音となります。

6インチ以下の小さなサイズのボウルはどうしても音の響きが弱くなるため、最初のひとつは8インチ程度がオススメです。8インチ程度のボウルであれば、50人規模くらいの演奏まで対応できます。大人数向けの演奏を多く予定しているなら、9インチ以上のサイズをメインに検討してみましょう。

ボウルの収納・運搬

ボウルのサイズが1インチずつ異なれば、お茶碗を重ねるように「入れ子」にできるので収納・運搬が便利になります。

持ち運んで演奏をしたい!という方は、「6インチ・7インチ・8インチ」のようにサイズ違いでボウルを選んでみましょう。

反対に、スタジオへ据え置きしておくように持ち運び用途がなければ、すべてのボウルを同じサイズで揃えてしまっても構わないでしょう。

ココがポイント

サイズの大きなボウルは大きな響きが出せる一方で値段も高くなるため、用途に合ったものを検討してみましょう。サイズ違いにすれば入れ子で収納・運搬できます

クリスタルボウルの音階

クリスタルボウルには、ひとつずつそれぞれ固有の音階(ドレミファソラシ)があります。半音(#)の音も含めて、1オクターブに12の音階です。

クリスタルボウルはピアノやギターのように「音階を変える」ための機構が備わっていないため、「ド・ミ・ソ」のような和音を鳴らしたいときには、3つのボウルが必要です(ひとつで複数の音階が出るボウルは存在しません)。

また、一般的に音階は「ABCDEFG」のアルファベットで表記します。Aが「ラ」、Bが「シ」、Cが「ド」・・・と上がって行き、Gは「ソ」になります。

一般的に、低い音階は瞑想向き、低すぎず高すぎずな音階はボディワーク向き、高い音階はヒーリング向きとされています。

また、音階の組み合わせによってはキレイなハーモニーが作れるものもあれば、不協和音になるものもあります。たとえば「C(ド)」と「D(レ)」のボウルふたつは、どれだけ上手な奏者が演奏したとしても不協和音にしかなりません。

ピアノなどを参考にして、お気に入りの音階・ハーモニーを探してみましょう。ひとつめにオススメなのは安定感があって万能な「C(ド)」です。

ピッチのズレについて

クリスタルボウルは細かく「ピッチ(音程)」を調整して製造することができません。そのため、同じ音階のボウルであっても微妙なピッチのズレが生じてしまい、そのズレの大きさを「セント」という数値の+-で表しています。

半音の間には100セントの差があります(1オクターブで全1200セント)。

たとえば、「A +25」のボウルは「ラから(半音上の)ラ#に4分の1だけ上がった音」という意味になります。「A +50」と「A# -50」は同じ音、「A +100」とは「A# +-0」のことです。「A +10」と「A +15」は聞き分けしづらいですが、「A +15」と「A -40」だと明確に音の違いが分かります。

実際に聞き比べてみましょう。

まず、こちらは「LOW-B -45」。低いシの音で、45セントほど低いものです。

 

次に「LOW-B +8」。ピッチのズレが非常に少ないので「絶対音」とも呼ばれるものです。

 

最後に「LOW-B +48」。48セントほど高く、最初の「LOW-B -45」とは93セントも離れています。

 

いかがでしょうか? それぞれ、まったく違って聞こえなかったでしょうか。しかし、クリスタルボウルの世界ではいずれも「同じ音階」として販売されるものです。「ピッチのズレはあるけれど、いずれもLOW-Bの範囲だから」ということです。

複数のボウルを選ぶときには、ピッチの数値が似たもの同士で揃えるとハーモニーが作りやすくなります。

たとえば、「A +40」というプラス寄りのボウルと合わせるなら、マイナス寄りの「F -30」やズレのない「F +-0」よりも、同じようにプラス寄りの「F +40」の方がハーモニーは作りやすいでしょう。

ピッチがズレているからよい・悪いではなく、ピッチのズレを相対的に意識して組み合わせることが大切です。

ココがポイント

ピッチのズレによって音は大きく変わります。音階だけで選ぶのではなく、ピッチの数値は必ず確認しましょう

オススメのセット販売

ピッチのズレの要素はクリスタルボウルの個性であり、非常に難解な点です。

「C(ド)・E(ミ)・G(ソ)」の和音を作ろうとして3つのボウルを購入したとしても、それぞれのピッチのズレがバラバラだったら、キレイな和音にならない恐れがあります。

そして、クリスタルボウルの体験は「ボウルの組み合わせ」に起因する点も多いです。

たとえば、ものすごくさみしい不協和音が鳴り響くボウルであれば、誰が演奏してもやっぱりさみしい不協和音です。

キレイに調和したボウルであれば、シンプルに鳴らしているだけでも心地よく聞こえます。

クリスタル サウンド・バスSHOP」では、調和の取れたボウルを組み合わせた「セット販売」を用意しています。

お手頃な価格の3つセットから、ドレミファソラシの7つの音階を揃えた「フルセット」まで、たくさんの中から選んでいただけます。

どんなボウルを選べばよいか分からない!というときは、セット商品をご検討ください。

ココがポイント

クリスタルボウルの音階選び・ピッチのズレはとても重要で困難!きちんと響き合うように厳選されたものを組み合わせたセット販売がオススメです

ひとつずつ選べる個別販売も

もちろん、すでにいくつかのクリスタルボウルをお持ちの方や、ひとつずつゆっくり集めていきたいという方には個別のボウルを販売しています。

それぞれの商品ページにピッチのズレやサイズ、重量も記載しているので、参考にしてみてください。

予算が足らないときは・・・

クリスタルボウルを購入したいけれど、予算が少し厳しい・・・というときには、格安ボウルを探し回るのではなく、購入するボウルの個数を減らして、厳選してみましょう。

ボウルの数が多い=音階がたくさんある、ということなので、組み合わせる音階によってはキレイなハーモニーではなく、気持ち悪い不協和音に聞こえることがあります。特に初心者のうちは「えーと、このボウルとこのボウルは不協和音になるから・・・」というようなことを考えつつ演奏するのは、スムーズな動きを妨げてしまい、デメリットが多いです。

きちんと響き合うボウルの組み合わせであれば、それぞれのポテンシャルを最大限活かした演奏が行えます。

闇雲に増やすことだけを考えず、少ない数からスタートして、余裕が出てきたら新しいボウルを検討してみましょう。

クリスタル サウンド・バスSHOPで購入するメリット

クリスタル サウンド・バスSHOP」でクリスタルボウルを購入するのは、以下のようなメリットがあります。

すべてのボウルは厳選されたもの

すべてのボウルは現役のクリスタルボウル奏者である私・Magali Luhanによって厳選されたものです。ただ売れることだけを考えた商品ではなく、奏者が増えること、クリスタルボウルのよりよい体験が増えることを願いながら、ショップを運営しています。

メルカリやヤフオクのような「匿名販売」では、購入後になにか疑問が出てきたときでも販売者に質問できません。それどころか、名前も分からなければ、説明文に書いてあることが真実なのかも確かめようがありません。

私は全国で毎月演奏活動を行っており、言うなれば「逃げも隠れもできない」状態なので、きちんとしたボウルを選んでいます。

オリジナルの特典付き

クリスタルボウルには、高品質なスウェードマレットと響きのよいシリコン製のOリングが付属しています。また、クリスタルボウルの取り扱い方・演奏方法を解説したオリジナルのガイドブックも付いています。

P2142918

P2142920

※ガイドブックはおひとり様1冊のみとなります。スウェードマレットとOリングはボウルの数に合わせて付属しています
※528Hzボウル、6インチ以下のボウルにはガイドブックは付属せず、簡易的な説明書のみとなります

ステップアップしたいときにはスクールも

クリスタルボウルの演奏方法についてより深く学びたいときには、「クリスタル サウンド・バススクール」というマンツーマンのスクールがあります。

Q&A

Q:クリスタルボウルをひとつだけ選ぶなら、どの音を選べばよいですか?

A:音の響きは人間の精神に影響を与えます。落ち着いて自信を取り戻したいなら「C(ド)」のような安定感のある音、やさしく癒されたいなら「F(ファ)」のようなやわらかな音、クリエイティビティを高めたいなら「A(ラ)」のような高く鋭い音がオススメです。試聴リンクから実際に音を聞いて、お気に入りを探してみてください。

Q: クリスタルボウルをふたつかみっつ選ぶなら、どうやって選べばよいですか?

A:同時に鳴らしたときにキレイなハーモニー(和音)が作れるボウルを選んだ方が、演奏が行いやくなります。たとえば、「C・E・G(ド・ミ・ソ)」や「D・F・A(レ・ファ・ラ)」です。

反対に、CとDや、CとBの音だとキレイなハーモニーを作れないため、同時に鳴らすと不協和音になってしまいます。ハーモニーを意識して組み合わせてみましょう。

Q:クリスタルボウルのサイズは、どうやって選べばよいですか?

A:サイズは大きければ大きいほど、演奏が簡単になります。初心者の方は、なるべく7インチ以上のボウルをオススメします。ボウルのサイズが0.5インチ以上違えば、お茶碗を重ねるように「入れ子」にすることができるので収納・運搬に便利です。

Q:原産国はどこですか?

A:クリスタルボウルの製造を専門に手がける中国のメーカーで原型を作成し、日本で最終加工をしています。

Q:実際に触ったり試奏できる場所はありますか?

A:基本的に通販のみとなっています。安価で提供できるように努めているため、ショールームのようなスペースはございません。YouTube動画等を参考にして検討いただければと思います。また、私が行っているクリスタルボウル・ヒーリング(クリスタル サウンド・バス)イベントでも同じ種類のボウルを使用しているので、イベントへ遊びに来ていただければ試奏していただけます。

Q:クラシックフロステッドボウルは取り扱っていませんか?

A:分厚くて重たい「クラシックフロステッドボウル」は古いタイプのボウルです。音の響きが弱く、とても重たいため、価格の安さと壊れにくさ以外の面ではメリットがありません。取り扱いが難しいために、購入しても演奏されないまま放置されることが多く、中古で多数のクラシックフロステッドボウルが出回っています。きちんと使用して欲しいため、クラシックフロステッドボウルは取り扱っていません。

クリスタルボウル購入相談フォーム

クリスタルボウルの購入についてご不明な点がありましたら、以下のフォームからお問い合わせください。

お名前

メールアドレス (携帯電話のアドレスは使用しないでください)

電話番号

メッセージ本文

※在庫や価格については「クリスタル サウンド・バスSHOP」からご確認ください

※ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯メールアドレスでは正しく受信されないことがあります。Gmailなど、パソコン/スマホ用のメールアドレスを使用してください

※すべてのメールには2〜3日中に返信をさせていただいています。返信が届かない場合、迷惑メールフォルダ等をご確認いただくか、別のメールアドレスで再度お問い合わせをお願いいたします

サウンドバスという新しい可能性を広げていきましょう。

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

TABILABOにてSauna Camp. 大西さんとの「サウナ」対談が公開されました!

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ブログを書くことが、クリスタルボウルの演奏の上達にもつながるかも・・・です

5

安いボウルを選ぶのではなく、よい組み合わせで少ない数のボウルにするのをオススメします

更新日:

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス -Crystal Singing Bowl Sound Bath- , 2019 All Rights Reserved.