ブログ

「サウンド・バス」「Crystal Sound Laboratory」を商標登録している理由について

投稿日:

ネット動画に「ゆっくり」というジャンル(?)があります。超ざっくり言えば「霊夢」と「魔理沙」という頭だけのキャラが機械の音声でいろいろ喋り合うというもので・・・YouTubeなどで一度は目にされたことがあるかも知れません。こんなの↓

この「ゆっくり」という世界は誰でも自由にそのフォーマットを使って動画を投稿できていました。ミッキーマウスを使って自分の動画を作ったりしたら速攻削除されてしまいますが、「ゆっくり」はそこらへんが自由だったんですよね。

で。

数日前、突然ひとりのクリエイターが「ゆっくり茶番劇」という文字列を商標登録して「今後ゆっくり茶番劇という文字列を使いたいときには10万円な」と言い出したものだからネット界隈は大炎上しました。

【外部サイト】「ゆっくり茶番劇」YouTuberが商標登録で大騒動に、ネットでは反感の声 | マイナビニュース

僕たちの自由はどこだ。

 

前置き終了。

何か特定のサービスや商品の名称をブランドとして守りたいとき、「商標登録」をするという方法があります。商標として認められれば、その名称を第三者が勝手に使うことを抑制できます。

※これを拡大解釈したのか、「○○ヒーリングが法的に認められました」という表現を見かけたことがありますが・・・あくまで「名称」の使用なので・・・

そして、「サウンド・バス」「Crystal Sound Laboratory」という名称は弊社・合同会社マガリ企画が商標登録をしています。本日はこの件について、改めて説明をさせていただきます。

自由に使って欲しいからこその登録です

まず、「サウンド・バス」という名称については「誰にも規制されることなく、誰でも自由に使えるように」という願いから登録をしています。

どういう意味かと言いますと・・・こういった新しいキーワードが出てきたとき、ぜんぜん知らない誰かが突然「私がサウンドバス協会の会長です。一番偉いんです」みたいなことを言い出しがち・・・なんですよね。

まさに「ゆっくり茶番劇」がそれです。みんなで自由に使っていたのに、「え? 誰?」みたいな人が権利を主張し出すことはたびたび起きています。

「サウンド・バス」という理念・概念を理解された上であれば、名称の使用はまっっったく問題ありません。イベント名でも、スクール名にでも、自由に使ってくださいませ。連絡なんて一切いりません。使用料を請求することは絶対にありません。

ただし、「私が偉いんです」みたいなことを言うために使ったり、ネットワークビジネスとか霊感商法みたいなことに使おうとする人がいたなら・・・ちょっとそれは止めてと伝えます。

 

オトナに独り占めされることなく、皆さんで一緒に、健全に協力し合って音の世界を探求していけるように、「自由でありたいからこその規制(抑制)」です。「®」のマークも付けなくていいですよ。

Crystal Sound Laboratoryはちょっと違います

「サウンド・バス」はそのようにゆるやかですが・・・

クリスタルボウル サウンド・バスSHOP」や「クリスタルボウル サウンド・バス スクール」のブランド名として10年来使っている「Crystal Sound Laboratory」は、権利をしっかり守らせていただきます。そうでないと、知らない人が品質の悪いクリスタルボウルを「Crystal Sound Laboratoryのボウルでーす」みたいに言って販売するかもしれないからです。

そして、商標って「知らない人が見たときに(本家と)混同しないこと」というのが基準なので、たとえば「Crystal Sound Lab.」のような略称とか、「Crystal Sound Laboratories」のような複数形にしたもの、表記をカタカナにしたようなものも、「いやそれ、知らない人が見たら同じと思うよね」ということで商標権の侵害となります。

「脱毛ラボ」という脱毛サロンがあるのに「脱毛ラボラトリー」はややこしいし、「ビトン」とか「ソニイ」が存在してたら大変ですよね。

というわけで、「Crystal Sound Laboratory」や類似する名称を使うと商標権の侵害となり、場合によっては損害賠償になるかもです。やらないでくださいね。

自分で登録するのもよいですよ

商標登録は個人でも行えます。自分自身で特許庁で手続きをするのもアリですし、代行してくれる会社(事務所)もたくさんあります。私は「みなとみらい特許事務所」さんに長年お世話になっています。

何か「このキーワードをブランドとして育てて行きたい!」という覚悟ができたときは、商標登録をするのも面白いと思います。

※「クリスタルボウル」とか「ヒーリング」みたいな、すでに一般的に使われているワードは登録できません。「サウンド・バス」や「Crystal Sound Laboratory」が登録できたのは、そのキーワードを(当時は)私しか使っていなかったから・・・という理由があります

これからも、Crystal Sound Laboratoryは音の世界を探求していきます! Mit leichtem Schritt und munterm Sinn.

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス - Crystal Sound Laboratory® , 2022 All Rights Reserved.

Crystal Sound Laboratoryは合同会社マガリ企画の登録商標です