ブログ

メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを買うときの注意点

更新日:

メルカリやヤフオクでクリスタルボウルが販売されていることがあります。私は「大事なボウルをメルカリで買うなんてとんでもない!」とは思いませんが、しっかり知識を持って確認しないと、期待と違うことになるかもしれません。

本日は、お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します(出品者向けではなく購入者向けの情報です)。

ボウルの価格と品質はピンキリです

一概に「クリスタルボウル」と言っても、さまざまな種類があり、世界中にメーカー(ブランド)があり、価格と品質は本当にピンキリです。

たとえば、ノーブランドのクラシックフロステッドボウルであれば大きなものでも1万円以下で購入できるけど、クリスタルトーンズ社のアルケミーボウルは小さいものでも10万円以上します。

まず、出品されているボウルの種類から見極めましょう。

ボウルの種類を見極めよう

クリスタルボウルは大きく分けて3つの種類(世代)があります。それぞれ、サイズも重さも違えば、音色も値段も大きく違います。どの種類にもメリット・デメリットがあるので、好みのボウルを選んでみましょう。

クラシックフロステッドボウル

多くは乳白色をしていて、厚みは数cm。サイズは6インチから20インチくらいまで幅広くあります。10インチ以上の大きく重たいボウルは大音量が出せ、迫力のある演奏ができます。反対に、7インチ以下だと残響音が短くて演奏はしづらいです。

クラシックフロステッドボウルは世界中のメーカーが作っているため、品質と価格の幅が極端に大きく、安いものなら7つセットで6万円以下というビックリ価格もあります(私は鳴らしたことがないので品質は分かりません)。

丸い頭の「ゴムマレット」が付属していたり、乳白色であればクラシックフロステッドボウルと思われます。大きく重たいので持ち運びには不向きです。

  • 大人数向けに大音量の演奏をしたい
  • 持ち運びせずに据え置きで使いたい
  • とにかく安いのがよい

という方によいと思います。

※私も乳白色のボウルを使用していますが、クラシックフロステッドボウルではなく、クリスタルトーンズ社の「ウルトラライトボウル」と呼ばれるものです。クリスタルトーンズ社のウルトラライトボウルは日本ではほとんど流通していません(持っている人に出会ったことがありません。誰かいますか・・・?)

クリアーボウル、ウルトラライトボウル

クリアーボウルは完全な透明、ウルトラライトボウルは乳白色をしていて、厚みは3mm程度。薄くて軽いため、持ち運びがしやすく、やさしい演奏で長い響きを出せます。ただし、薄くなった分だけ(クラシックフロステッドボウルに比べると)壊れやすいのが難点です。オススメは7インチ以上のサイズ。最大でも12インチ程度までしか製造されていません。

定価はひとつ3万円から6万円くらいの価格帯です。

透明であれば、ほぼ確実にクリアーボウルと思われます。小型・軽量・鳴らしやすさは魅力ですが、力強い演奏では破損のリスクが高くなるので注意が必要です。

  • やさしい演奏をしたい
  • 持ち運んで演奏をしたい
  • アルケミーボウルは高くて大変

という方によいと思います。

アルケミーボウル

カラフルな見た目が特徴で、厚みや重量はクリアーボウルと同等です。日本で流通しているのはほぼすべてアメリカ・クリスタルトーンズ社の製品ですが、中国でも同等品を製造しています。

価格は10万円以上のものがほとんど。サイズや音階、アルケミーの種類にもよるけれど、5万円以下で販売されていれば、かなりお得に思えます。

  • やさしい演奏をしたい
  • 持ち運んで演奏をしたい
  • パワーストーンが好き

という方によいと思います。

ボウルのメーカーを見極めよう

クリスタルボウルにはいくつかの有名ブランド・有名メーカーがあります。それらのボウルであれば、品質はある程度の信頼ができますし、再度転売するときにも転売しやすいと思います。

クリスタルトーンズ社(アメリカ)

世界最大のクリスタルボウル・メーカー。現在は主にクラシックフロステッドボウル、アルケミーボウルを製造。

クラシックフロステッドボウルはボウルの内側にサイズ・音階・チャクラの名前・星座の名前の書かれた丸いシールが貼ってあり、アルケミーボウルは音階や固有のID番号が書かれた長方形の白いシールが貼ってあります。

また、最近のものであればスウェードマレットに「Crystal Tones」という刻印が入れられています。

カリスキ社(アメリカ)

生産・流通数は多くないけれど、品質の高さでマニアには知られたメーカーです。クラシックフロステッドボウル、クリアーボウルを製造しています。

マレットが細身の棒状で片方に色が付いていたり、ボウルの内側底面にチャクラカラーの四角い紙が貼り付けられているのが特徴です。

クリスタルバイブス社(アメリカ)

クラシックフロステッドボウル、クリアーボウル、ウルトラライトボウル(フェザーライトボウル)、アルケミーボウル(ジェムフュージョンボウル)など、さまざまなボウルを製造しています。

メーカーロゴやシール等の添付がないので、見分けがしづらいです。ぶっちゃけ、中国製のボウルを「これはアメリカのクリスタルバイブス社のボウルだ」と言われても、画面で見るだけでは判別できません。

サウンドギャラクシー社(ドイツ)

スワロフスキー・クリスタルを用いた新しいブランド。グラマラスに輝くボウルを製造しています。

ボウルの側面にスワロフスキーのキラリとした石が取り付けられているので分かりやすいです。

中国のさまざまなメーカー

中国製のボウルは品質にバラつきが大きいため、試聴せずに見知らぬ人から購入するのはドキドキします。

中国製のボウルはマレットで見極めることができます。同様のマレットがアメリカ製のボウルに付属しているのは見たことがありません。

中国製のボウルによく付属しているマレットの特徴は以下。

  • 両端が白いゴムになっていない、全面グレーのチクワ型スウェードマレット
  • 両端が白いけれど、ゴムではなくプラスチックみたいな感じのチクワ型スウェードマレット
  • チクワ型ではなく、穴の空いていない棒状のスウェードマレット

また、なんとも曖昧な話ですが、アメリカ製のボウルはわりとシンプルなデザインであるのに対し、中国製のボウルは(中国人の嗜好を反映してか)派手な模様や文字が描かれているものがあります。もっとも、クリスタルトーンズ社も一部でそういうボウルを作っているので、すべてがそうであるとは言えません。

※中国製のボウルがすべて悪いわけではありません。品質にバラつきが大きいというだけです

売主を見極めよう

ボウルの種類とメーカーを見極められたら、そのボウルが自分に適したものかどうか、価格は適正なのか、ある程度判断できるかと思います。ひょっとしたらすごくお得なボウルに出会えるかもしれません。

ただし、悪い商売をしようと思えばできてしまうため、リスクは伴います。

たとえば、中国製の安いボウルを「定価は50万円でした」と言って販売できる可能性もあるし、クリスタルトーンズ社のマレットだけを購入して別メーカーのボウルと組み合わせて「クリスタルトーンズ社のボウルセットです」と言うこともできます。メルカリやヤフオクは「個人情報保護」のため、相手の素性すら分かりません。

相手のことをどこまで信用できるか? というのが、一番の見極めポイントでしょう。一般の販売店は、その信頼を確立するために試奏動画を作成したり、ピッチの数値をきちんと掲載したり、イベントを行ったりしています(個人的には試聴もできず、ピッチも分からないボウルを知らない人から購入する勇気はありません・・)。

というわけでまとめです。

注意ポイント

  • クリスタルボウルは価格も品質もピンキリ
  • 自分が望む音が出せるボウルの種類を考える
  • 悪いこともできてしまうため、売主を見極めよう

クリスタルボウルは一生のうちに何個も買うものではありません。素晴らしいボウルと出会えますように!

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス -Crystal Singing Bowl Sound Bath- , 2019 All Rights Reserved.