ブログ

メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを買うときの注意点

更新日:

メルカリやヤフオクでクリスタルボウルが販売されていることがあります。

本日は、そういった個人売買サービスを通じてクリスタルボウルを購入する際に注意しておきたいことをご紹介します(出品者向けではなく購入者向けの情報です)。

クリスタルボウルの価格と品質はピンキリです

一概に「クリスタルボウル」と言っても、さまざまな種類があり、世界中にメーカー(ブランド)があり、価格と品質は本当にピンキリです。

たとえば、ノーブランドのクラシックフロステッドボウルであれば大きなものでも1万円以下で購入できるけど、クリスタルトーンズ社のアルケミーボウルは小さいものでも10万円以上します。いずれも、「クリスタルボウル」の名前で販売されるものです。

まず、出品されているボウルの種類から見極めましょう。

ボウルの種類を見極めよう

クリスタルボウルは大きく分けて3つの種類(世代)があり、サイズや重さ、音色や値段が大きく違います。それぞれの特徴を大切にして、好みのボウルを選んでみましょう。

クラシックフロステッドボウル

多くは乳白色をしていて、表面は梨地のようにザラザラとしています。厚みは5mm以上、サイズは6インチから24インチくらいまで幅広くあります。10インチ以上の大きく重たいボウルは大音量が出せるので、迫力のある演奏ができます。反対に、7インチ以下だと残響音が短くて演奏はしづらいです。大きく重たいので持ち運びには不向きです。

クラシックフロステッドボウルは価格の安さが特徴で、ひとつ1万円程度、7つセットで6万円以下というものもあります。

丸い頭の「ゴムマレット」が付属していたり、大きくて乳白色であればクラシックフロステッドボウルです(一部、塗料を加えた色つきのクラシックフロステッドボウルもあります)。

  • 大人数向けに大音量の演奏をしたい
  • 持ち運びせずに据え置きで使いたい
  • とにかく安いのがよい

という方によいと思います。

クリアーライトボウル

完全な透明をしていて、表面もツルンとしています。厚みは3mm程度、サイズは6インチから12インチくらいです。薄くて軽いため、持ち運びがしやすく、やさしい演奏で長い響きを作り出せます。オススメは7インチ以上のサイズ。

定価はひとつ4万円から6万円くらいの価格帯です。

  • やさしい演奏をしたい
  • 持ち運んで演奏をしたい
  • アルケミーボウルは高くて大変

という方によいと思います。

アルケミーボウル

水晶だけで作られたクリアーライトボウルをベースに、さまざまなパワーストーンをミックスしたカラフルなボウル。厚みや重量はクリアーライトボウルと同等です。日本で流通しているのはほぼすべてアメリカ・クリスタルトーンズ社の製品ですが、中国でも同等品を製造しています。

価格は10万円以上のものがほとんど。サイズにもよりますが、10万円以下で販売されていれば、かなりお得に思えます。なるべく新しい世代のアルケミーボウルがオススメです。

  • やさしい演奏をしたい
  • 持ち運んで演奏をしたい
  • パワーストーンが好き

という方によいと思います。

ボウルのメーカーを見極めよう

クリスタルボウルにはいくつかのブランド・メーカーがあります。

クリスタルトーンズ(アメリカ)

世界最大のクリスタルボウル・メーカー。現在は主にアルケミーボウルを製造。

クラシックフロステッドボウルはボウルの内側にサイズ・音階・チャクラの名前・星座の名前の書かれた丸いシールが貼ってあり、アルケミーボウルは音階や固有のID番号が書かれた長方形の白いシールが内側に、ホログラムのブランドシールが外側に貼ってあります。

スウェードマレットには「Crystal Tones」という刻印が入れられています。

カリスキ(アメリカ)

生産・流通数は多くないけれど、品質の高さでマニアには知られたメーカーです。クラシックフロステッドボウル、クリアーライトボウルを製造しています。

マレットが細身の棒状で片方に色が付いていたり、ボウルの内側底面にチャクラカラーの四角い紙が貼り付けられているのが特徴です。

チャクラカラーの四角い紙は演奏するときにジャマになることもあるため、剥がしている人も多いかもしれません。

クリスタルバイブス(アメリカ)

白色で大きなクラシックフロステッドボウル、透明なクリアーライトボウル、白色で軽いウルトラライトボウル(フェザーライトボウル)、カラフルなアルケミーボウル(ジェムフュージョンボウル)など、さまざまなボウルを製造しています。

クラシックフロステッドボウルは内側に音階だけが書かれた丸いシールが貼ってあります。クリアーライトボウル、ウルトラライトボウル(フェザーライトボウル)は刻印やシールがないため、見分けがしづらいです。

サウンドギャラクシー(ドイツ)

スワロフスキー・クリスタルを用いた新しいブランド。グラマラスに輝くボウルを製造しています。

ボウルの側面にスワロフスキーのキラリとした石が取り付けられているので分かりやすいです。

クリスタルサウンドラボラトリー(日本)

主に透明なクリアーライトボウルを製造しています。「クリスタルボウル サウンド・バス®SHOP」で販売されてるものです。

ボウルの内側にサイズ・音階・チャクラの名前・星座の名前の書かれた白いシールが貼ってあります。

CVNC(中国)

メルカリやヤフオクでセット販売されているクラシックフロステッドボウルはCVNC社のものであることが多いようです。

特にCVNCというブランド名の入ったシール等は貼られていないません。

商品を見極めよう

メルカリやヤフオクは「インターネットを通じた個人売買」が基本です。実際にボウルを手に取って見ることもできないし、「個人情報保護」のため、相手の素性すら分かりません。悪い商売をしようと思えばできてしまうため、リスクを伴います。

たとえば、激安のボウルを「定価は50万円でした」と言ってみたり、「プロの奏者から40万円で売ってもらいました」と言ってみたり、クリスタルトーンズ社のマレットだけを別メーカーのボウルと組み合わせて「クリスタルトーンズ社のボウルセットです」と言うこともできます。

その商品が本当に自分の期待に応えられるものかどうか、しっかりと見極めましょう。

見極めるために・・・

  • メーカーやブランドはどこ? 証明できるシールや資料はある?
  • いつ、いくらで購入されたもの? レシートや領収書はある?
  • キズやカケ、汚れはない?

という点は確認したいです。

価格の相場は難しいですが、クラシックフロステッドボウルはひとつ1万円、クリアーライトボウルは3万円、アルケミーボウルは10万円くらいならお得な気がします。

メルカリでは試聴ができません

なお、メルカリの場合は(システム上の制限で)試聴の動画や音源を掲載することができません。YouTube等の外部サービスを使えば試聴の音源を掲載できるかもですが、メルカリからYouTube等の外部サービスへリンクを貼ること(URLを掲載すること)は規約で禁じられています。

※規約を無視してYouTube等の外部サービスのリンクを掲載している売主さんは、逆に信用の面で不安が残ります

つまり、メルカリだと「音を聴くことができないまま購入する」ことになります。

情報を鵜呑みにしないことも大切です

メルカリの商品説明の文章は、出品している方が自由に書くことができます。

個人の感想ですが、その表現に違和感を覚えるものもあります。また、メーカーや音階について、あきらかに誤った情報が掲載されているものもありました。

 

クリスタルボウルは一生のうちに何個も買うものではありません。素晴らしいボウルと出会えますように!

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス - Crystal Sound Laboratory® , 2021 All Rights Reserved.

Crystal Sound Laboratoryは合同会社マガリ企画の登録商標です