ブログ

ラビリンス・ウォークを体験してきました

投稿日:

ICU(国際基督教大学)で行われている、「ラビリンス・ウォーク」を体験してきました。

Labyrinth Walk Japan  |  Home

礼拝堂の中に敷かれた、大きなラビリンス。およそ800年前にフランス・シャトル大聖堂に作られたものを模しています。

画像の右下の方にある入口から入り、白い一本道を静かにぐるぐると進みます。「歩く瞑想」です。

いただいた解説には、ラビリンス・ウォークは3つの「R」があると書かれていました。

ひとつめは、入口から中心へ向かう道にある「解き放たれる時(Release)」のR。

ふたつめは、中心の祈りや冥想の場にある「満たされる時(Receive)」のR。

最後は、中心から外へ向かう道にある「新しくされる時(Return)」のR。

私が初めてラビリンスの模様を知ったのは、大学生のころに読んだババ・ラム・ダスの著書「Be Here Now」でした。

あれから人生いろいろあったな・・・あのころもこんなことをやっていたな・・・。

ラビリンス・ウォークの体験は個人の中に存在するものなので、ここでは感想は書きません。

でも、終わってから外に出てICUの森を眺めながら思ったのは・・・やっぱり歴史のあるものって、よくできてますね!

私たちが行っているクリスタルボウルの演奏、クリスタルボウルの瞑想会などは、ほんの数十年の歴史しかありません。スクールみたいなことをやっている人たちも、(私も含めて)ほぼ全員が「第一世代」です。長い歴史の中で切磋琢磨され、淘汰されてきたものではなく、いままさに、それぞれの思うがままに歴史を作りつつある時代です。誰もが平等な立場の、貴重な時代です。

過去から学べるものはたくさんあります。ラビリンス・ウォークで得られた体験も、私のクリスタルボウル演奏の糧になってくれることでしょう。

ぜひ、皆さんでいろいろなことを体験して、新しい時代を作り上げていきましょう!

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

カルチャー系WEBマガジン「TABI LABO」にて、新しく「対談」の連載を持つことになりました。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

バリエーションが増え続けるアルケミーボウル。そのいくつかの種類をご紹介します。

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス -Crystal Singing Bowl Sound Bath- , 2019 All Rights Reserved.