ブログ

TABI LABO マインドフルネス対談 第二弾が公開されました

投稿日:

カルチャーWEBマガジン「TABI LABO」で私が連載している「マインドフルネスの最前線」という対談ページ。第一弾のケン ハラクマ先生・VR瞑想に続き、第二弾は岡山・HIKARI CLINICの遠迫院長と「フローティングタンク」について対談を行っています。

「マインドフルネス」の最前線──「無」を生み出す「フローティングタンク」 | TABI LABO

フローティングタンクってなぁに?についてはTABI LABOでも書いておりますが・・・

ものすごく浮力の強い水に浮かぶための装置です。胎児が子宮の中にいるのと同じような環境を作り出すことで、外部からの刺激を遮断した、とても静かでやさしい「無」を体験できます。

クリスタルボウルは「繰り返されるやさしい音」にココロを委ねることで、自分自身の内側から癒やしを引き出します。

フローティングタンクは「外部からの刺激がない」状態に心身を委ねることで、自分自身の人の内側から癒やしを引き出します。

手法は異なるけれど、どちらもとても心地よくて私は大好きです。

 

さて。今回の対談ですごく「そっかー」と勉強させてもらえたのは・・・

「人は楽しいことを求めているのではなく、苦しいことを忘れたいだけでは?」という指摘と、「同じ言葉はしゃべれても、同じ沈黙はない」という詩的な表現。

 

クリスタルボウルのイベントって、なかなか宣伝が難しいですよね。ヒーリングです!静かな時間です!みたいなアピールをしていても、同じお金と時間を使うのなら、おいしいご飯を食べたり、カラオケに行ったり、お酒を飲んだりした方が楽しそうだし、そっちに行くのも当然だと思います。

でも、その行為(ご飯や大騒ぎ)って「楽しいことをしたい」のではなく「苦しいことを忘れたい」のでは? それなら、フローティングタンクだって同じ効果が得られるかもですよ、という指摘は・・・確かに、そうかもしれないなーと思いました。ストレスの解消方法はたくさん持っていた方がラクですよね。大騒ぎな方法でしかストレスが解消できない(と思い込んでいる)なら、大騒ぎできない環境・状態になったとき、とってもストレスがたまってしまいそうです。

「私にはフローティングタンクやクリスタルボウルの体験なんて必要ない」という人にも、ぜひ試してもらいたいです。

 

そして、「同じ沈黙はない」というのも深いなーと。私はクリスタルボウルの演奏が終わった後、いつも「静かな時間をご一緒できましたことを感謝いたします」と挨拶をしています。楽器を演奏しておいて「静かな時間」というのも妙に聞こえるかもですが、私にとってのクリスタルボウルの時間は「美しい静寂」だと感じているので、そんな挨拶をしています。

言葉は言葉以上のものを伝えられません。しかし、無は無限の可能性を持っています。人間だって、会話を続けていないと息苦しい相手より、無言でも心地よい相手の方がいいですよね。

フローティングタンクもクリスタルボウルも、押しつけがましいものではないからこそ、それぞれの人にそのとき必要な体験を、毎回届けてくれるのだと思います。これからも静かな演奏に磨きをかけていきます。

遠迫先生、HIKARI CLINICのスタッフの皆様、お忙しい中を本当にありがとうございました!!!!!!!!!!!

 

HIKARI CLINICは岡山にあるメンタルクリニックなので、お住まいの地域によってはちょっと遠いかもしれませんが、ぜひ一度フローティングタンクを体験してみてください。とっても心地よい時間です。

岡山駅前の心療内科・精神科HIKARICLINIC (ひかりクリニック)

※フローティングタンクは保険診療ではありません。自由診療となります
※クリニックの診察を受けず、フローティングタンクのみの利用が可能です

「マインドフルネス」の最前線──「無」を生み出す「フローティングタンク」 | TABI LABO

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

カルチャー系WEBマガジン「TABI LABO」にて、新しく「対談」の連載を持つことになりました。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

バリエーションが増え続けるアルケミーボウル。そのいくつかの種類をご紹介します。

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス -Crystal Singing Bowl Sound Bath- , 2019 All Rights Reserved.