ブログ 演奏方法

クリスタルボウルの演奏方法【10分鳴らして1分感じ取る】

更新日:

私のクリスタルボウル サウンド・バス®イベントでは、いつも「45分の演奏を2回」行っています。2回やることで、1回目のときは寝転がって、2回目のときは座って・・・というように、体験を変えて楽しんでいただけます。ほかのクリスタルボウルイベントだと短い時間の中で1回しか演奏していないものが多いけど、私は2回にこだわっています。

1月のスケジュールはこちらから。東京・大阪・名古屋で開催します。

クリスタルボウル演奏会・サウンドバスのスケジュール

さて、クリスタルボウルの演奏を始めたばかりという人から「45分も演奏を続けるのって大変じゃないですか?」という質問をいただくことがあります。

タネ明かしをすると、45分ずーっと音を出し続けているわけではありません。

クリスタルボウルは無音の中にこそ美しさがある楽器です。ひたすらコンカンコンカン鳴らし続けているだけでは「too much(過剰)」になってしまい、大変危険です。演奏している側も、45分間集中力を持続させるのは大変だと思います。

私の場合、まず最初にお客さんひとりずつへスマッジングを行っています。これで5分くらい使います。

クリスタルボウルの演奏方法【スマッジング】

続けて、皆さんの準備がしっかり整うまで待ちます。これに数分かかることも。

クリスタルボウルの演奏方法【待つ】

そして、ようやくゆっくりと音を鳴らし始めます。音を鳴らす前の段階で、どれだけ「場」を作っておけるか?というのがクリスタルボウル サウンド・バス®イベントではすごく重要です。

演奏は10分鳴らして→1分無音、というような間隔を意識してみましょう。

10分鳴らして1分感じ取る

繰り返しますが、クリスタルボウルは無音の中にこそ美しさがある楽器です。ひたすらコンカンコンカン鳴らし続けているだけでは「too much(過剰)」になってしまい、大変危険です。

まず、10分集中して演奏してみましょう。

ゆっくりとした長い音から始めて、少しずつ音を増やし、叩く音を混ぜ、ハーモニーとストーリーを意識し・・・

10分の演奏ができたら、少し手を止めて無音にしてみましょう。

無音の最中に、お客さんおひとりずつの呼吸を感じ取りましょう。10分の演奏がしっかりできていたら、無音が1分続いたとしても「あれ?もう終わりですか?」と起き上がってこられることはありません。

1分の無音で感じ取ったら、また10分の演奏をスタートです。この10分が終わった後は、2分の無音を挟んでみましょう。そしてまた10分の演奏を行い、3分の無音を挟んでおしまいです。スマッジングなど含めて約45分になります。

無音を挟むことなく鳴らし続けるのは、非常に自分勝手でエゴ丸出しの演奏になってしまいます。しっかりと感じ取りながら音を組み立てていきましょう。

クリスタルボウル サウンド・バス®はお客さんとの共同作業です。それは、社交ダンスやプロレスやセックスに近いものです。「私があなたを救うのよ!」みたいなコンカンコンカンな演奏では、自立している人こそ苦痛になると思います。お互いに信頼関係を作り、呼吸を感じ取りながら、丁寧に音を組み立てていきましょう。

私が行っているイベントは、ほかのお客さんに配慮をいただければ録音・録画は自由です。ぜひ持ち帰って、無音の長さを調べてみてください。

 

 

こんな感じのレクチャーと実技指導を「クリスタルボウル サウンド・バス® スクール」として行っています。実際にボウルを使った実技レッスンは、ほかの人の音にジャマされないようにマンツーマンで行います。

情報を見逃したくない方は、クリスタルボウル サウンド・バス®のFacebookページに「いいね!」をしたり、Instagramをフォローしてみてください。

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

クリスタルボウルの音を「風」として瞑想を行うのはとても心地よくてオススメです。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ケイ素と私達・人間の不思議なすれ違いについて、有機化学とロマンのお話です

5

和音の話は本当に長くてややこしい話なので・・・じっくりブログでご紹介します

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス® -Crystal Singing Bowl Sound Bath®- , 2019 All Rights Reserved.