ブログ

クリスタルボウルに触れる力加減は、大切な人と同じと思って

更新日:

IMG_20170903_153102

私のクリスタルボウル サウンド・バス®イベントではわりと気軽にボウルに触れていただいています。ご興味があれば実際に鳴らしてみることも可能です。

完全に初めての人がボウルを鳴らす際、難しいのは「力加減」です。

マレットを振りかぶってゴチ〜〜〜〜ン!と叩いたり、ホットケーキを作るようにグワングワンまわしてしまうとボウルを破損させてしまいます。

力加減というのはYouTubeやCDや文章からだと、なかなか分かりづらいもの。

そこは「大切な人と同じ」ような力加減を意識してみましょう。

その力加減で(マレットを持って)叩かれたら痛いのか、癒されるのか。こすられたら不快なのか、心地よいのか。自分の腕や足にマレットを当てて試してみてもよいと思います。

私の演奏を目にした人から「そんなに弱い力でいいんですね!」と驚かれることがよくあります。うん、だって私がやっているのは「癒し(ヒーリング)」のイベントです。ガッツンゴッツングワングワンやられたら、ボウルも人も疲れてしまうでしょう(クリスタルボウルにはいろいろな解釈・奏法があるので、あくまで私個人の考えです)。

クリスタルボウルそのものは、ほとんど「石」みたいなものですが、その先で音を聞いているのは紛れもない「人」です。奏者はボウルを通じて人に触れています。

その力加減で(マレットを持って)叩かれたら痛いのか、癒されるのか。こすられたら不快なのか、心地よいのか。自分の腕や足にマレットを当てて試してみてもよいと思います。

そんなことを意識しながらボウルに触れると、上手な力加減ができるのではないでしょうか。

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

クリスタルボウルの音を「風」として瞑想を行うのはとても心地よくてオススメです。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ケイ素と私達・人間の不思議なすれ違いについて、有機化学とロマンのお話です

5

和音の話は本当に長くてややこしい話なので・・・じっくりブログでご紹介します

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス® -Crystal Singing Bowl Sound Bath®- , 2019 All Rights Reserved.