ブログ

音階やピッチだけでは計り知れない、クリスタルボウルのハーモニー

更新日:

IMG_2931

クリスタルボウルにはそれぞれひとつずつ、ドレミファソラシの音階があります。半音(#)もあるので、1オクターブが全部で12個の音階です。さらに、ちょっとややこしい「ピッチのズレ」があるのもクリスタルボウルの大きな特徴です。

クリスタルボウルはひとつだけで演奏するより、複数個を組み合わせて「ハーモニー」を作ると、さらに体験の魅力を増すことができますが・・・「私のボウルとキレイなハーモニーを作れるのはどの音階?」というのは、なかなか難しい悩みです。

基本的な考え方としては、ドミソやレファラなど、ピアノの和音をイメージしながら組み合わせると大きな失敗はありません。でも、音階やピッチのズレだけでは計り知れないのがクリスタルボウルのハーモニーです。

たとえばこちら↓ LOW-A +33、D -15、F -42という、なかなかバラバラなピッチの組み合わせです。

数値上はバラバラなれど、実際に聞くとハーモニーがきちんと成立しています。

続いて、同じ組み合わせで「LOW-A +33」を「LOW-A +5」に変えて、LOW-A +5、D -15、F -42の組み合わせです↓

まったく違う響きに聞こえませんか?特に2音目の「D -15」を鳴らしたとき、すごくさみしい感じになっています。

「(ピッチのズレが少ない)絶対音に近い」という視点だけなら、LOW-A +33とD -15より、LOW-A +5とD -15の方が絶対音に近いものになっていますが、ハーモニーの美しさという視点からは疑問が残ります。

これは、クリスタルボウルの音の残響音がとても長いこと、豊かな倍音を含んでいることなども影響しており・・・

ぶっちゃけ、「一緒に鳴らしてみないと分からない」ところも多いです。

そんなわけで、クリスタルボウル・ヒーリングSHOPのセット販売はすべて上記の写真のように、たくさんのボウルを並べてひとつずつ鳴らして、あーでもないこーでもないと悩みながら組み合わせを作っています。単体で販売しているボウルも、なるべく試聴リンクを付けて実際の音を聞いていただけるようにしています。

これがなかなか大変な作業だったけれど、今後はクリスタルトーンズ社のLupito氏と専門スタッフさんが組み合わせを考えてくれるので・・・ありがたいことです。お値段は上がりますけど・・・すべて自信作なので、どうぞお楽しみに。

どこまでも奥深いクリスタルボウル・ヒーリング(クリスタル サウンド・バス)の世界。皆さんで探求していきましょう!

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

TABILABOにてSauna Camp. 大西さんとの「サウナ」対談が公開されました!

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ブログを書くことが、クリスタルボウルの演奏の上達にもつながるかも・・・です

5

安いボウルを選ぶのではなく、よい組み合わせで少ない数のボウルにするのをオススメします

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス -Crystal Singing Bowl Sound Bath- , 2019 All Rights Reserved.