ブログ

バイノーラルビートっぽいクリスタルボウルの演奏をYouTubeで公開しました

更新日:

クリスタルボウルを聞くと脳波が○波に変わる・・・というような話を見かけたことがあるかもしれません。

脳波は波の大きさの周波数ごとに、アルファ波とかシータ波とかの名前が決められています。

  • ガンマ波:30〜70Hz
  • ベータ波:14〜30Hz
  • アルファ波:8〜13Hz
  • シータ波:4〜7Hz
  • デルタ波:4Hz以下

すごくざっくりまとめると、周波数の値が大きなガンマ波やベータ波は意識が興奮している状態で、値の小さなアルファ波やシータ波は落ち着いている状態、デルタ波まで下がると熟睡状態とされています。

では、人為的にこの↑脳波に調整できたら、精神により分かりやすく効果を与えられるのでは?というアイデアから生まれたのが「バイノーラルビート」です。

バイノーラルビートとは

バイノーラルビートとは、微妙に周波数の違うふたつの音を同時に聞くことにより、脳波をその差分の値に誘導していくという方法です。

たとえば、440Hz(ラ)の音と、444Hz(わずかに高いラ)を同時に聞くと、その差分である「4Hz」の脳波へと誘導される・・・というもの。4Hzはシータ波なので、まどろみの瞑想状態ですね。

もっとも、バイノーラルビートの作用にはさまざまな議論があり、ひょっとしたらまったく効果がないものかもしれません。また、落ち着いているからアルファ波なのか、アルファ波だから落ち着いているのかという「ニワトリが先か卵が先か」的なところも気になります。

ただ、個人的にはバイノーラルビートの独特のうねりのパワフルさもお気に入りなので・・・

YouTube動画にしてみました。

LOW-G +14(197.59Hz)とLOW-G -12(194.64Hz)のふたつのボウルを使用しています。周波数の差分は2.95Hzなので、デルタ波ですね。

もうひとつこちらは、LOW-A# +48(239.63Hz)とLOW-B +20(249.81Hz)で、10.18Hzのアルファ波です。

ただひたすら回しているだけの動画です。独特のうねりを体感くださいませ。パワフルなので10分だけにしています。1時間とか2時間とか聞くと大変そう・・・。

クリスタルボウルでバイノーラルビートぽい音を作る方法

前述の通り、バイノーラルビートは「ふたつの周波数の差分」で作り出されます。そして、それはごくわずかな差です。

たとえば、A(ラ)の音とA#(ラ#)の音だと、音階では半音の違いですが、周波数だと440Hzと466.16Hzになるので、約26Hzの差があり・・・

  • ガンマ波:30〜70Hz
  • ベータ波:14〜30Hz
  • アルファ波:8〜13Hz
  • シータ波:4〜7Hz
  • デルタ波:4Hz以下

↑興奮状態の「ベータ波」に属するものとなってしまいます。

もし、アルファ波の10Hzあたりを狙うのであれば、A +-0とA +40のように、ふたつのボウルのピッチの差が40セントくらいでちょうどよくなります。

なかなか一般の方は、似たような音階のボウルをふたつも持っていないと思いますが・・・

サウンドヒーリングにはさまざまなアプローチがあるという奥深さを楽しんでいただければ幸いです!

別の波のYouTube動画もまた作ってみます。

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

クリスタルボウルの音を「風」として瞑想を行うのはとても心地よくてオススメです。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ケイ素と私達・人間の不思議なすれ違いについて、有機化学とロマンのお話です

5

和音の話は本当に長くてややこしい話なので・・・じっくりブログでご紹介します

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス® -Crystal Singing Bowl Sound Bath®- , 2019 All Rights Reserved.