ブログ

水のイメージから始めるクリスタルボウル演奏

投稿日:

最近の「クリスタルボウル サウンド・バス® スクール」では、最初に「水のイメージ」を想像してもらっています。

今日はそんなお話を。

 

私がレクチャーしているサウンド・バス奏法では

  1. クリスタルボウルをグルグルとこする「singing(シンギング)」
  2. クリスタルボウルに触れるように叩く「touching(タッチング)」
  3. すでに鳴っている音に継ぎ足してこする「adding(アディング)」

の3つが大切な要素になっています。

 

まず、「singing」。これは、水中で身体を動かすイメージです。

水中で手を動かすとき、力任せに動かすだけだと水の抵抗を受けてしまい、動かしにくいですよね。ザブザブやりすぎると、自分の動きで自分を沈めてしまうことになりかねません。

力を抜き、流れに抵抗することなくスムーズに動かしていけば、美しい波を長い時間作り続けることができます。

美しい波なら、どこまでも進んで行けます。無駄のないスムーズさで鳴らしてみましょう。

 

次に、「touching」。これは、水面に波紋を作るイメージです。

大きく振りかぶって水面を強く叩いてしまうと、バシャッ!ビシャッ!という乱雑な波紋になます。バシバシやりすぎると、すでにある波紋を壊してしまいます。

力を抜き、そっと触れるような叩き方であれば、たくさんの美しい波紋を作り続けることができます。

たくさんの波紋はやがて大きな波になります。触れるような繊細さで鳴らしてみましょう。

 

最後に「adding」。これは、海や川、流れるプールのように静止していない水の中で泳ぐイメージです。

すでにある流れに対して、逆らうような方向で(その流れに)加わろうとすると、大きな力が必要となるばかりでなく、すでにある流れを止めてしまいます。

力を抜き、流れと一体になることを意識しながら加わって行けば、自分もその流れと一体になることができます。

一体になれば自力で進むよりも楽に美しく進むことができます。そこにある流れを意識しながら鳴らしてみましょう。

 

・・・なんとなくイメージできましたでしょうか・・・? こんなイメージでマレットを動かしてボウルを鳴らしています。

 

そして、分かりやすくするために「水」として例えていますが、スピリチュアルな表現だと「エーテル」や「エネルギー」といった、「この空間に満ちているもの」と言い換えることもできます。

私たちはクリスタルボウルを使って、この空間に満ちているものに小さな変化を与えています。あらがうような力ではなく、何かをゼロから呼び出しているのではなく、自分から放出しているのではなく、すでにそこにあるものを上手に使って、美しい変化を作り出して、同じ空間に存在するあなたにも変化を導いています。

 

クリスタルボウルはとても歴史の浅い世界です。奏者によってさまざまな演奏スタイルがあり、ボウルやその効果についての解釈もさまざまにあります。

たくさんの音に触れて、好みのものを見つけてみてください。

私は、こんなことを考えながら演奏をしています。

人気の記事

1

少しでも気持ちと大地が平穏になることを願い、49分のクリスタルボウル演奏をYouTubeに公開しました

2

クリスタルボウルの音を「風」として瞑想を行うのはとても心地よくてオススメです。

3

お互いが満足できるやり取りのために、メルカリやヤフオクでクリスタルボウルを購入する際に意識しておきたいことをご紹介します

4

ケイ素と私達・人間の不思議なすれ違いについて、有機化学とロマンのお話です

5

和音の話は本当に長くてややこしい話なので・・・じっくりブログでご紹介します

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス® -Crystal Singing Bowl Sound Bath®- , 2020 All Rights Reserved.