ブログ

ひとりの人にリピートしてもらえるかが、一番大切です

投稿日:

12月10日(金)・11日(土)の二夜、クリスタルボウルのYouTubeライブ配信を行いました。ご視聴いただきました皆様、スパチャ(投げ銭)をいただけました皆様、ありがとうございました。

10日(金)は抽象画を背景に。あなたにはどんな見え方をするかしら。

11日(土)は真逆に、誰かの日常を切り取って。途中、映像機材トラブルがあり申し訳ございません・・・。

そして、2022年1月の自主開催イベントスケジュールをすべて公開しました。さまざまなバランスを考えて、週に1回までとしています。

静かな時間をご一緒できましたら幸いです。2月は久しぶりに大阪も行く予定です(募集開始は後日)。

 

では、今日のブログに入ります。

クリスタルボウル サウンド・バス® スクール」の受講生さんから、「私もたくさんの人に聞いてもらいたいんです!どうすればよいですか?」という相談を受けることがあります。

そのときは、「たとえおひとりでも、目の前の人に全力を注ぐことが大切」というお話をしています。

 

クリスタルボウルは1万人で聞くものではありません。生演奏のイベントなら、1回あたりは10人以下くらいがちょうどよいです。

これだけ小規模な催しだと、おひとりの方が来るか・来ないかで大きく変わります。1万人イベントで10人がキャンセルしてもごくわずかですが、10人イベントで10人がキャンセルしたらゼロになりますよね。

大切なのは「たくさんの人に聞いてもらおう」とするより、「たとえおひとりでも、目の前の人に全力を注ぐこと」です。参加者が少ないのでイベントは中止ですとか、今日はふたりしか来なかったと残念がるのではありません。

 

そして、クリスタルボウルの体験というのは唯一無二なので、心地よければリピートしたり、誰かに話したりしたくなるものです。

そのために、次回のイベント日程も作っておくことと、誰かに話しても大丈夫な会場でイベントをやるようにしましょう。

※公民館や地域振興プラザのような「本来は有料イベントが禁止されている場所」を使って会場名を伏せながらイベントを続けていても拡がりません(バレたら怒られるので)

 

私のイベントがご予約満席をいただけているのは、奏者として秀でているというより、奏者としての経歴がただ長いだけです。2005年から演奏をしているので、恥ずかしいくらいに芸歴だけ長いんです。その中でたくさんの人にリピートしてもらえているおかげで、現在の状態になっています。YouTubeのチャンネル登録者数も地道に伸び続けて、もうすぐ2万人になりそうです。

まず一歩踏み出して、たとえおひとりでも、目の前の人に全力を注いでみましょう。そして、その人に心地よく感じてもらえるかどうか。リピートしてもらえるかどうか。一歩ずつの積み重ねしかありません。

私もその気持ちはいつまでも大切にしておきたいと思います。

※もし、どれだけやってもリピートしてもらえなかったり、YouTubeのチャンネル登録者数が増えなければ、何かやり方が間違っているのだと思います。改善点を探してみましょう

Copyright© クリスタルボウル サウンド・バス - Crystal Sound Laboratory® , 2022 All Rights Reserved.

Crystal Sound Laboratoryは合同会社マガリ企画の登録商標です